文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

ホーム > 事業のご案内 > 医療材料・医薬品の調達・管理

安定供給の実現と物品管理の負担軽減をサポートします。

現在、多くの病院では医療材料・医薬品の調達や管理に関して、「自分たちが購入している価格帯が適切かわからない」
「過剰在庫や不動在庫を減らしたい」「分割、小分けにすると消費期限やロットが分からなくなる」といった悩みを
抱えています。そこでわが社は、豊富な経験を活かした交渉・調整を通して、医療材料・医薬品を適切な価格で
安定的に供給する体制を整えるとともに、先進的なITシステムを活用して在庫を最小限に抑え、
院内管理業務の負担軽減もサポートしています。

適切な価格による安定的な調達を支援

医療材料、医薬品の価格は、地域および経営母体の異なる病院の間で大きなばらつきがあるのが現状です。その現状を打破するために、諸施策を実行し、医療スタッフおよび病院事務部門との緊密な連携により、適切な価格で安定的な調達を実現。材料費の削減とスムーズな供給に貢献します。

SPD業務

院外に設置された「サプライセンター」から医療材料を院内の各部署まで直接配送・定数配置し、病院側の使用分のみを請求。病院所有の在庫を激減させるとともに、院内の物品管理作業を大幅に軽減します。

  • 写真

    在庫はわが社の院外倉庫で保管

  • 写真

    院内各部署へ定数を直接納品

JITS System

必要なものを、必要な場所へ、必要なだけお届けする先進の管理システム

総合商社で培った最新の情報収集能力などを活かして独自開発した「JITSシステム」は、きわめて有効な医療材料物品管理調達システムとして全国の主要病院で高い評価を得ています。また、医療材料の使用量・種類・動向などの各種統計データを得ることができるため、経営管理にも役立てられています。

JITS

統計・分析を通じた経営支援

わが社は医療材料の消費管理・発注・購買分析を一元的に行うことによって、各病院に対してさまざまな情報を定期的に提供することができます。たとえば部署別の消費金額、診療科別の購入金額、手術室の稼働状況、使用量の前月/前年同月比較など、さまざまな切り口から経営の可視化を実現。ご要望に応じてデータや紙面でご提出しています。

経営支援の画像
ページTOP