文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

ホーム > 医療業界への貢献

講演やワークショップを通じて、皆様とこれからの医療のあり方を考えます。病院の経営を考える会

「病院の経営を考える会」とは、エム・シー・ヘルスケアグループによる企業活動の一環として毎年開催しているプログラムです。特に急性期医療機関の経営に焦点を当て、時機に適ったテーマやご関心の高い企業経営、マネジメントに題材を求め、エキスパートによる講演、ワークショップなどを開催し、多くの方にご参加いただいています。

詳しくはこちら

写真

外科医へのサポートをはじめ、広く課題の解決に取り組んでいます。 医療業界の将来のために

私たちは取引のある病院のためだけでなく、医療業界全体を見渡して課題の解決に取り組んでいます。現在とりわけ深刻なのが、国内において外科医を志す人材が著しく減少している問題です。この状況を解消するため、わが社はNPO法人「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」に参画するとともに、医療の発展に伴って日々新たな技術の習得が求められるドクターをサポートするために、内視鏡下縫合・結紮手技講習会、泌尿器腹腔鏡下縫合・結紮手技講習会などの開催を支援しています。

写真

NPO法人「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」について

「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」とは、わが国の外科医数の減少傾向に歯止めを掛け、反転増加に向かうよう務めることによって、高齢化に伴い必要性がますます増大している外科医療の安定的提供体制の構築と外科治療技術の発展に貢献し、人々が安心して暮らせる社会の実現に寄与することを目的とする特定非営利活動法人です。2009年の設立以来、地域の医療関係機関・外科医学会などと緊密に連携したセミナーや講演会事業などを積極的、継続的かつ組織的に推進するとともに、広く一般市民を対象としたホームページやパンフレットなどによる情報発信事業にも携わっています。

詳しくはホームページhttp://www.npo-cens.org/別窓アイコンをご参照ください。

ページTOP