福利厚生制度

ワークライフバランス実現のため、各種休暇・休職制度を設けています。社員が心身ともに充実した生活を送れるように、健康維持に関するものから、社宅、退職金など、福利厚生制度の充実も図っています。さまざまなライフステージでも働くことができる環境です。

休暇制度について

休 日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
年次有給休暇 毎年4月1日から翌年3月31日を1休暇年度とし、勤続年数に応じて10日間から最高20日間付与されます。午前もしくは午後の半日単位で取得できる「半日年休」の制度もあります。
リフレッシュ休暇 入社から勤続年数が10年に到達する毎に、翌年度に5日間のリフレッシュ休暇が付与されます。年次有給休暇5日間と合わせて連続の取得ができます。
特別休暇 結婚休暇/忌引休暇/災害休暇/子の看護休暇/介護休暇/産前産後休暇/母性健康管理のための休暇/傷病休暇

福利厚生について

定期健康診断 毎年1回健康診断(35歳以上の場合人間ドックも可)を会社負担で受診頂きます。
婦人科検診 健康診断の他、任意で婦人科検診を会社負担で受診できます(年1回初診のみ)
インフルエンザ
予防接種
毎年1回インフルエンザの予防接種を会社負担で受けることができます。
介護休業 要介護状態にある親族を介護しなければならない場合、介護休業をとることができます。
新卒社宅制度 実家からの通勤が困難な社員には、新卒社宅制度が適用されます。
社宅制度 転居を伴う職場変更がある場合、社宅制度が適用されます。
退職金制度 勤続年数3年以上の社員に対して、退職金が支給されます。
永年勤続功労金 入社から勤続年数が10年に到達する毎に功労金が支給されます。
同好会制度 スポーツ・文化等の活動を通じて、社員間のコミュニケーション、健康の維持増進を図ることを目的として、同好会活動費を補助します。

ダイバーシティへの取り組み

エム・シー・ヘルスケアグループでは、すべての社員がその能力を十分に発揮できるよう、働きやすい環境づくりに積極的に取り組んでおります。

この度、エム・シー・ヘルスケア株式会社(以下、弊社)では、2018年11月に「初回くるみん認定」を、2019年1月に「えるぼし」最高位である3段階目の認定を取得いたしました。

子育て支援について

くるみん

仕事と子育てを両立することを目指し、ワークライフバランス実現に向けた働きやすい環境を作ることにより、すべての社員がその能力を十分に発揮できるよう、子育て支援を推進しています。
多様な働き方を受け入れるため、各種制度を整備しており、次の2項目は法令を上回る施策を実現しています。

・短時間勤務の対象年齢拡大(小学校6年生修了前まで)
・育児休業取得で一部有給化

厚生労働省の情報公開サイトにおいて、弊社の次世代育成支援の取組状況等を確認できます。
両立支援のひろば
http://ryouritsu.mhlw.go.jp/hiroba/search_dtl.php?cn=9999

育児休業 育児休業 1歳(一定の場合は、最長で2歳)に達するまでの子供を養育する場合、育児休業をとることができます。
育児時短制度 養育する子女が、小学校を卒業するまで時短勤務ができます。

女性活躍推進について

えるぼし

女性社員がその個性と能力を十分に発揮できるよう、女性活躍を推進しています。
主な取り組みとして、
・女性管理職の登用
・新卒採用における女性の積極採用
・女性社員のキャリアアップに資する職掌(雇用管理区分)の転換
・非正規社員(契約社員・パート社員)から正社員への転換
・派遣社員から正社員への雇用
を実施しています。

厚生労働省の情報公開サイトにおいて、弊社の女性活躍推進の取組状況等を確認できます。
女性の活躍推進企業データベース
http://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/detail?id=6368

PAGETOP