私たちの理念に共感し、次代のエム・シー・ヘルスケアグループをともに担う原動力に。 取締役 常務執行役員 CFO 野村 英夫

私たちの理念に共感し、次代のエム・シー・ヘルスケアグループをともに担う原動力に。

取締役 常務執行役員 CFO
野村 英夫

「人間力」「実行力」「知力」をバランスよく兼ね備えた人材を育成したい。

エム・シー・ヘルスケアグループは、「社会への貢献」(医療の質の向上に資する事業活動を通じ、患者・医療機関・医療従事者・社会に貢献する)、「持続的な成長」(社会性が高い事業を担っていることを常に意識し、公明正大な事業活動を通じて、持続的な成長を実現する)、「志高い企業風土」(志を高く抱き、仕事を通じて自己実現に努め、働き甲斐と誇りを持てる企業風土を醸成する)を経営理念として掲げています。私たちが新卒新入社員に期待することは、この経営理念が目指すところを理解し、それぞれの日々の業務の中で実践しながら、先人や仲間たちの努力や想いを結集して築き上げてきた事業基盤や組織風土を次代へと繋いでいく中心的な役割を担って頂きたい、ということです。
そのために、私たちは「人間力」「実行力」「知力」をバランスよく備えた人材を育成していきたいと考えています。「人間力」とは、真摯・誠実で、お客様やパートナーから信用・信頼される人間性や魅力。「実行力」とは、困難に直面しても、あきらめずに最後までやり抜く粘り強さや行動力。そして「知力」は、業務遂行に必要な知識・スキルや、様々な課題に対して解決策を導き出すための知恵、と言い換えることができると思います。
この中で「知力」は、入社してから職場での教育や研修等を通じていくらでも学び、身に付けていくことができますので、入社時に専門知識や経験の有無が問われることはなく、むしろ未完成、粗削りであっても「鍛えれば伸びる」素質を感じさせる方は大変魅力的に映ります。一方で、「人間力」と「実行力」は一朝一夕に得られるものではありませんので、採用選考時には、とくにこの2つの資質について注目しています。

医療の現場を支えているという誇りとやりがい。

エム・シー・ヘルスケアグループを構成する3社は、三菱商事グループのヘルスケア事業を担う中核企業として、医療機器・材料の調達・管理や、欧米メーカーの医療機器の輸入販売等、医療に関わる事業を幅広く展開しています。また、全世界にまたがる三菱商事の広範なネットワークを活用し、最先端の海外医療情報の収集・提供といった医療そのものに関わる業務のみならず、病院の新設・建替における用地取得、病棟建設といった事業のサポートや、病院内店舗(コンビニエンスストア、給食事業者ほか)の紹介など、お客様の多種多様なニーズに柔軟に対応できるということも私たちの強みです。近年では、三菱商事の海外事業での協業拡大により現地に駐在員を派遣するなど、当社グループの活動の場は海外にも広がっており、社員は今後、これまで以上に様々な場所・地域で、様々な立場で業務にあたりながら、幅広い知見・経験を積んでいくこととなります。
「若手のうちから責任ある仕事を任され、医療の現場を支えているという誇りとやりがいを持って打ち込める仕事」、私たちは、これから就職活動に臨む皆さんに、そんな活躍の舞台をご用意してお待ちしています。
最後になりますが、就職活動は業界研究や企業訪問を通じて「社会人の世界」に触れることのできる貴重な機会ですので、初めから興味・関心の対象を限定することなく、是非広い世界に目を向けて、できるだけ多くの企業、多くの人の話を聞いて、大いに見聞を広めて頂きたいと思っています。その上で、ひとりでも多くの方が私たちの経営理念に共感し、エム・シー・ヘルスケアグループの一員として働きたいと思って頂ければ幸いです。

PERSONAL DATA
常に意識するのは「組織と個人の共栄」。個人の成長なくして企業や国の繁栄はなく、逆に国や企業の繁栄がなければ個人の成長や幸福も望めないと考えています。だからこそ、ワークライフバランスの充実が必要なのではないでしょうか。みなさんには個人の時間を大切にしつつ、企業の成長に貢献してもらいたいと思います。「個人の時間の充実と企業の成長への貢献」。私たちは、この両立が出来る人材を求めています。

PAGETOP